債務整理の種類を知ろう

債務整理とは、消費者金融などの借入によって多重債務となっている状態を、合法的に解決するいくつかの方法をいいます。債務整理には任意整理、自己破産、民事再生があります。このうちの自己破産と民事再生についてどのようなものが理解しておきましょう。

自己破産は債務整理の中でも返済能力等を加味し、全財産をかけても返済不能となった場合に利用する方法で、債務整理でも最後に考える方法として覚えておきましょう。支払い不能という状態になった時、債務者が持っている財産価値があるものを金銭に換え、すべての債権者に「公平に」分配するため、自己破産申請を裁判所に行います。

債務者がいっての財産があるかどうかで、裁判所に破産申し立てを行った後、同時廃止事件か、管財人事件かいずれかの方法をとる事になります。債務者に財産的価値のあるものがほとんどないという時には、裁判所が同時廃止とします。債務者に財産がある場合には、破産宣言と共に破産管財人が選任され、財産を処分し金銭に換え債権者に分配されます。実際に自己破産の9割が同時廃止事件となっています。

民事再生は個人再生手続きとも呼ばれるもので、将来継続、反復し一定の収入を得ることができると見込みのあるものが、債務の一部分を3年程度で支払えば、残りの残額を免除するという方法です。再生案が裁判所に認められると、借金の1/5、若しくは100万円のいずれか多い方に減額可能です。この民事再生を個人が行う場合には、借金総額が3000万円以下であることも条件です。またこの民事再生は住宅ローンがある方が住宅を手放すことなく債務整理できる方法としても知られています。

債務整理が増えたのはなぜ?

コマーシャルで過払い金請求ができるかも?と法律事務所などが伝えています。過払い金請求が多く行われるようになったのも、債務整理する人が多くなったからです。なぜ、債務整理を行う人が多くなったのかというと、総量規制が大きくかかわっています。

総量規制は年収の1/3以上は借り入れができないという法律です。多重債務者救済のために設けた法律ですが、多重債務に陥っている人の中には、総量規制施行によって債務整理を余儀なくされた方も多いのです。

すでに多重債務となっていながらも、とりあえず消費者金融から借りたお金で何とか生活していた、何とか返済を継続していた、しかし総量規制で年収の1/3以上の借入ができなくなったことで今まで利用していた消費者金融のローンカードなどがいきなり使えなくなった、という状況に陥る方が多かったのです。

すでに総量規制が施行された時点で、借入額が年収の1/3を超えている場合、これまで利用できた消費者金融のキャッシングなどが利用できなくなります。限度額があっても関係なく、年収の1/3を超えている額なら利用する事が出来ないからです。今まで何とかキャッシングなどで返済したり、生活してきた方々は一気に窮地に陥りました。返済もできずしかも生活に使いたいキャッシングも使えない、生活できない状態になり、多くの方が債務整理を行ったのです。

債務整理の中でも最も多く行われたのが任意整理です。当サイトは債務整理の種類と任意整理についてどのような事を行うのかお知らせするサイトです。今返済に困っている方、督促がすでにきている方のお力に慣れたら幸いです。