任意整理とはどのような方法?

債務整理の中でも、多重債務者が最も多く選択している方法が、任意整理です。裁判所の介入なく行う事が出来る方法で、利息の引き直し計算を行い、債務額を減額してもらう事を債権者と交渉するという方法なので、自己破産や民事再生と比較すると手続きが簡単です。

最近よく過払い金返還請求という言葉をコマーシャル等で聞くことがありますが、利息制限法を超える金利で返済を行っていた場合、払わなくてもいいお金を返済していることが多いのです。そのため、過去に払いすいている利息を元本に充当し、そこで減額となる事もありますし、債務が0となる事もあり、また過払い金が発生していることもあるのです。過払い金が発生していた場合、支払うべきお金ではないので請求し返金してもらうという方法です。

引き直し計算による減額、また将来の利息をカットしてもらい、元本部分だけを分割返済するという交渉を行い、債権者が納得すれば分割払いの金額を決定し支払っていく事になります。

任意整理のいいところは例えば、保証人が要る債務は任意整理しない、残りの債務については任意整理するなど、任意整理する債務を選択できるという事です。これによって保証人に迷惑をかけることもなく、他の債務に関してだけ任意整理を実行する事ができます。現在返済できずすでに督促が来ているという方は、司法書士や弁護士に相談し、任意整理など債務整理を行いましょう。着任の知らせが債権者に行けば、督促などが即、ストップします。